完成!ドイリー


b0041487_20115155.jpg

               
 聖光院有彩著「タティングレース」より ドイリー「華麗」
 中のドイリーを編み終えました。直径27cm。
 
 全くの初心者で
 習うより慣れろだぁ~~と、いきなり大作に挑戦したのですが
 細かいものをチマチマ編むより勉強になったと思います。

 編んだ端からアンティークレースのようで
 編みながらうっとりでした。
 最初の頃は、よく間違えて、編んだらプッチンとハサミで切って
 やり直していましたが (ほどくより、一からやり直す方が早かったので)
 編み進めるうちに、コツもつかめてきました。

 しつけ糸のような細さの60番レース糸で編んだので
 編みあがったものは、とても華奢。
 次に編むときは、50番糸で、もうすこし線の太いものにしたいな。

 タティングレースは、チェイン(鎖)とリング(円)の組み合わせで作られます。
 装飾的な突起の部分はピコと言って
 前の段と次の段、隣り合わせたリングをつないでいくのもピコの役割。

 規則的に単純に、でも見た目は複雑に
 重なり合って繫がっていくリングとチェインを結んでいると
 連続する模様の中に宗教的なものを感じます。


 まだまだの腕前ですが、編み目拡大
 最初の頃(中央)に比べると、最後の方(外側)の方が綺麗???
 ひらひらした、小さなリボンみたいに見える部分は
 特に難しかったところ。綺麗にできずに、何度もハサミでプッツンしました。
 
b0041487_20121251.jpg

[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-01 20:52 | *ビーズ・手芸
<< 桜の樹 カファレルの缶*タティングレース >>