アンティークなキーフック

b0041487_15362644.jpg


  お洒落に見える「鍵かけ(キーフック)はないかなぁと
  探していて、見つけたのがこれです☆

  イギリス、サルター(SALTER)社のスプリングバランス(吊りばかり)
  サルター社と言うと、今でもお洒落なキッチンスケールで有名ですよね。

b0041487_15371027.jpg
b0041487_15372722.jpg


  
  上のものは、持ち主さんが毎日磨いていたのかも?!
  少し傷があるけれど
  お店の方も「初めて見た!」と言うぐらい
  ブラスの部分がピカピカなんです。几帳面な人だったのかしら?
  一日の終わりに、お仕事道具を磨きながら、感謝していたのかな?
  そんなことが伝わってくる素敵な吊りばかりです。

  下のものは、筒状になっています。本当は、上のよりも、うんと小さいです。
  ポケットバランスとも呼ばれるようですけれど
  お尻のポケットに入れたまま座った日には、お尻が痛そうです。
  アンティークはこうでなきゃ!!と思うぐらい
  アンティークのお手本みたいな渋い色を出しています。

  
  吊りばかり、いったいどんなお仕事の人が使っていたんでしょう?
  これで小麦を量っていたのかしら?
  二つとも、アイアンの部分は、長い間働いてきたことが分かるぐらい
  渋い色合いに変わっています。
  試してみると、まだバネは健在なんですよ☆
  まだまだ使えそうだけど、今まで働いてきたのだから
  我が家の壁でゆっくり余生を送ってもらうことにします^^

  
b0041487_15543160.jpg


  ダイニングテーブル脇の『全てがここでコト足りるコーナー』にかかってます。
                   ↑(tea time グッズが全部ここにあるから)
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-06-18 16:03 | アンティーク・コレクティブル
<< 渡る世間はカントリ~ 古いアメリカのお料理本 >>