<   2007年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
糸を結ぶ時間

b0041487_18171741.jpg



  何をするにも、まず形から・・・が、とっても得意な私です。
  でも、これって、気分を高めるために大切なことじゃないかしら?ね?
  
  ビーズアクセサリーやレース編みをするようになって
  凝りだしたのはお裁縫道具。
  ヴィクトリア時代のアンティークを使えたら
  とっても気分が出るのでしょうけれど
  そういう訳にはいかなくて。
  でも、現行品でも、素敵な物も探せばあるんですよ。
  優雅なレース編みをする時間には
  やっぱり綺麗なお道具を使いたいです^^

b0041487_18174313.jpg

  ガラスと小花、ブルーの縁取り
  くすんだ青色の生地がクラシックな雰囲気。ソーイングメジャー

b0041487_1818286.jpg

  ゴールドの持ち手の裁ち鋏&糸切り鋏

b0041487_1936645.jpg

  レトロな色合いのビーズの待ち針&
  余った糸を巻きつけておくための木の糸巻き

  
  以前編んだタティングレースのドイリーは

b0041487_18321621.jpg

  カップボードの中でお皿の埃よけになっています。。。。
  このカップボードは、本当は飾り棚。
  だけど
  食器が増えすぎてギチギチで
  お皿の上に、置き場所のないカップ&ソーサーを乗せなきゃ納まらない。
  写真に写っていない所も、お皿の上にボウルが重なって
  食器棚状態です。
  優雅に暮らしたいと思いつつ、
  物を捨てられない性格なので、なかなか優雅にいきません(><)
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-30 19:45 | *雑貨・インテリア
◇運動会

  日曜日。
  末っ子ちゃんの運動会でした。
  早起きして張り切ってお弁当を作りました。
  我が家のお弁当の定番は
   
   卵焼き
   ウィンナー
   海老フライ
   和風味の鶏唐揚げ
   ベーコンのアスパラ巻き。ベーコンのえのき巻き。
   おむすび
   冷凍したパイナップル
   野菜サラダ

  おじいちゃん、おばあちゃんが遠くて来れないのでこんなものですが
  末っ子ちゃんは、おむすびと唐揚げだけでも喜んでくれます^^

  今年は、私の腰の痛みが再発するのを心配して
  長女も一緒に台所に立ってくれて大助かりでした。

  昨日は良いお天気でしたけど、黄砂がひどくて、煙かったです。
  福岡県では、光化学スモッグで中止になった学校もあったらしいです。
  黄砂って、遥か西のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠の砂が
  風にのって飛んでくるんですって。ちょっとロマン☆
  
  家族で一緒にお昼を食べる運動会も、残すところあと一回になりました。。。
  仲良しのみんなでお喋りしながら、ワイワイ応援するのもあと一回。


b0041487_22392634.jpg



  我が家で一番活躍しているコレクティブルをご紹介
  ファイヤーキングの15オンスボウルです。
  食器としてばかりでなく、卵を溶くときに特に活躍☆
  3個持っているうちの2個は、普段使い。
  去年クリスマスに
  akiko's garden of happinessのakikoさんから頂いたのがあって
  それは、もったいなくて使ってないの。

  大好きな果物ベスト3に入るダークチェリー
  好きな野菜ベスト5に入るスナップエンドウ
  次女の好きな野菜ベスト1のプチトマトが
  今日のおやつでした。

  ジェダイカラーには
  クリームシチューみたいな柔らかい色も似合うし
  ビビッドなお野菜にもピッタリです☆
  
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-28 23:19 | アンティーク・コレクティブル
博士の愛した数式

b0041487_10355035.jpg


   √-1   (虚数 i )

  「そんな数は無いんじゃないでしょうか?」

  「いいや、ここにあるよ」
  
   彼は自分の胸を指差した

  「とても思慮深い数字だからね、
   目につく所には姿を現さないけれど
   ちゃんと我々の心の中にあって
   その小さな両手で世界を支えているのだ」
                            
                文中より


  一つぶの砂に 一つの世界を見
  一輪の野の花に 一つの天国を見
  てのひらに無限を乗せ
  一時のうちに永遠を感じる

                劇中より 
                ウィリアム・ブレイクの言葉


  まだ本は読んでいないのですが
  (写真の本がボロボロなのは、子供たちが何度も読んだからです)
  先週、この本を映画化したものが
  テレビで放送されて、それを見ました。

  心に伝わるものが多い映画でした。
  中でも
  心の中にぶれることのない良い軸があれば
  周囲の人に安心や信頼を与え
  潔く生きることができるのだと
  感じました。

  何もかも十分に素晴らしい映画だと思いましたが
  原作には、映画には納まらなかった部分まで
  細かく描写されていると次女ちゃんが是非にと薦めるので
  私も、原作を読むことにします^^

  (追記) 
  
  映画では
  「虚数」の「虚」は「謙虚」の「虚」と同じ字だと教えていました。
  虚数を示す記号 i は、imagination numberの略だそうです。
   i の文字は(筆記体で書くと)人が両手で下から地球を支えているんです
  虚数とは、そのような数だと、教えていました。
    
  他にも、友愛数について語られていました。
  数学は、実はロマンティックな学問のようです。
  
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-22 11:29 | *映画・ドラマ
Beautiful Songs ~ココロデキクウタ~

  住んでいるマンションの裏は土の遊歩道になっていて
  つらつらと2キロほど、木立に囲まれた気持ちいい空間が続いています。
  そこの木にカラスが巣を作っていて
  可哀相なことに、一昨日、雛が巣から落ちてしまったとのこと。
  「親カラスが、近くを通る人を威嚇して襲っているので
  遊歩道に近づかないで下さい」と何度もアナウンスがありました。
  それを聞いた末っ子ちゃんが
  「カラスって偉いね。自分の子供を守るんだね。僕ちょっと感動した。」
  と言ったので、私が
  「ママも、KちゃんがそんなことになったらKちゃんを守るわ」
  っと答えました。
  すると、長女のU子が意味あり気な笑いをし
  末っ子ちゃんに近づき
  「エイッ!エイッ」って、いじめる真似をしたので
  「カァ~カァ~!!!(怒)」っと言って(鳴いて)あげたら
  思惑どおりと大層喜んでもらえましたが・・・

  カラスの雛は無事保護されたのかしら?
  昨日の朝まであったアナウンスが、今日はなかったので。
  子供を守る気持ちは、人間も動物も同じですね。
  
b0041487_10511673.jpg


  気持ちのいい曲が沢山つまった、お気に入りのオムニバスCD。
  初夏の緑の中の木漏れ日みたいな
  秋に黄金色の実りをつける麦の穂みたいな
  素朴なメロディーの曲が詰まっていて
  聴いていると自然の中に身を横たえているみたい。
  好きなダニエル・パウターのBad dayと
  ジェイムス・ブラントのYou’re Beautiful が
  一緒に入っているのでお得かな~と思って買っただけだったけど
  他の曲も古い曲じゃなくて、そして初めて聴くのにとっても懐かしい。
  昔、初めて、ビリー・ジョエルのCold Sprig Harborを聴いた時を
  思い出しました。
  
b0041487_10513058.jpg


  日頃音楽を持ち歩くのは、この携帯電話なんです。
  昨年は、実家のある鹿児島と福岡を新幹線で何度も往復していて
  旅の暇つぶしに音楽を聴くために i-Pod にしようか考えたのですが
  心配だった音も、なかなか良かったので
  一台で便利なミュージックプレーヤー付の携帯電話にしました。
  カラスの雛がいた、裏の遊歩道を時々散歩する時も
  これで音楽を聴きながら。
  「イヤホンを両耳にしたらいいのに」と主人に言われるけれど
  お揃いの色のフューシャピンクのイヤホンは片耳のだけだったので
  どうせ持つなら可愛い方が、嬉しいもんね☆
  このピンク色のイヤホンは、違う会社のものなのに
  本当にピッタリな色なんです。あちこち探してやっと見つけたんです。

  電話も、メールも、写真も、音楽もゲームも
  こんな、小さな機械で出来る未来が来るなんて
  ビリー・ジョエルを聴いていた頃には想像もしなかったなぁ。
  本当に便利な世の中になったものです。
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-17 11:40 | *音楽
Sweet Mother's Day

b0041487_1226821.jpg


  夜ソファーでレース編みをしていると
  塾から帰ってきた末っ子ちゃんが鞄を下ろす間もなく側に来て
  鞄の中をゴソゴソして

  「はい、母さん」

  と取り出したのは、コーラのペットボトル。
  それを見た主人に

  「こんなの買ってきて」と叱られながら、またゴソゴソ

  次に取り出したのは板チョコ。

  「甘い物ばかり買うな」と叱られて、向こうに行きかけて

  「あっ!もしかして母の日?!
   Kちゃん、これプレゼントなの?」

  パッケージにプリントされた花模様に、やっとピンと来た私が声をかけると
  恥ずかしそうに

  「うん」

  ですって^^

  昨日、塾に行く前に、掃除機をかけてくれて
  大人になったら、母さんが楽するように
  ロボットみたいな掃除機を買ってあげるって
  その言葉だけでも、母はかなり嬉しかったのに
  少ないお小遣いの中から、プレゼントまで。
  私が疲れた時に、こっそりコーラを飲むのを知っていて。
  14才の男の子でそろそろ思春期な時期なのに
  まだまだ素直で可愛くて
  Kちゃんの気持ちはチョコよりもスィートな気分にさせてくれました(*^^*)

b0041487_12262642.jpg

  明治の板チョコ母の日バージョンは、お花の模様でした。
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-14 12:43 | *プレゼント
ル・クルーゼで春ご飯☆

b0041487_1155042.jpg


   腰の痛みも軽くなって、久しぶりにお鍋でご飯を炊きました。
   ル・クルーゼを買う前は、ご飯は炊飯器で炊くものと思っていたけれど
   お鍋で炊くご飯は、とっても美味しいんです。

   少し前に実家から、いっぱい届いたグリンピースを冷凍していたので
   グリンピースご飯。
   冷凍してたからかな?イマイチ緑じゃない・・・けど美味しかったです♪
   彩りに、野沢菜、しば漬け、青しそ、人参、赤かぶが入っています。
   細かく刻んで入れて・・・と自慢したいところなんだけど
   市販のおにぎりの素を使ってるんです~♪
   
b0041487_12133391.jpg

   『五色の花むすび』 (株式会社トーノー)
   ほんのりした塩味と野菜のハーモニー♪
   炊き上がったご飯に入れて、蒸らします。
   色がきれいに写せなかったです。
   しば漬けは、砂糖漬けのスミレみたいに綺麗な色なんです。

b0041487_11551995.jpg

   季節外れだけど、桜づくしの小物たち。

b0041487_1156248.jpg

   こちらは、ル・クルーゼで炊いた、炊き込みピラフ。
   玉ねぎとお米をオリーブオイルで炒めて
   上に、野菜と海老をちらし
   塩、胡椒、コンソメスープの素で炊いています。
     携帯のカメラで写してるからか、ボヤけてます・・
      写真撮るって難しい(><)

 長い腰痛生活も、やっと先が見えてきました。
 3度目にしくじってから、なかなか痛みが取れなくて
 治らなかったのか、治さなかったのか
  (家族が甘やかしてくれるので、居心地良かったのもあったのですが)
 一生、このまま、何もできないかも・・・という気分だったのですけど
 日にちが薬とは良く言ったものですね。

 実は、こんなに痛かったのに、とうとう病院に行かなかったんです。。。
 病院に行かなかった理由は、
 信頼できるかかりつけの先生に診て頂くか
 知らない病院にかかるか、決めかねてズルズル日にちが経ってしまって・・・
 なぜ、そんなことで悩むのか、過去に恥ずかしい出来事があったからなんです。

 今思い出しても恥ずかしい過去・・・(←興味のある方だけどうぞ)
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-10 13:04 | *ル・クルーゼ
To buy or not to buy

b0041487_2110888.jpg


  それは季節が春に変わる頃のこと
  雑貨屋さんで、厚手のフェルトで出来たカップを見つけました。
  手触りといい、温かみのある色合いといい、とってもキュートで欲しくなって
  「いくらかな?」と見たけれど、値札がついてなかったの。
  400円前後かな?っと思って、店員さんに尋ねたら
  その店員さんも(店長さんだった)
  「値段ついてないですね。350円ぐらいだと思います。ええと
   あ!同じものがありました950円ですね」
  その途端
  「えっ!高い・・・」っと
  心の中の声が、思わず口に出てしまったんです。恥ずかしい(><)
  そしたら、店長さんが
  「暖かい季節になったし、フェルトの季節も終わりだから
   350円でいいですよ」って
  安くして下さったんです。

  そして、このフェルトの物体は(フェルトの食器洗いスポンジ?らしいです)
  私の手元に来たのですが
  950円って値札がついていたら、絶対買ってなかった☆

  すっごいビンボーな話題でスミマセン。
  でも堅実な主婦の皆さんなら、きっと分かってくれますよね?
  
  このフェルトのカップは、食器洗いに使いたかった訳じゃなくて
  キッチンのアクセントに飾りたかっただけなんです。
  こんな風に↓
b0041487_21102618.jpg


  その時一緒に購入した
  女の子がお料理している大きなシールは
  レンジフードに貼っています。
  こんなちょっとのことで
  キッチンが可愛く感じられて、幸せ♪
  私の幸せって、随分安上がりです^^

b0041487_21104437.jpg

[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-07 21:35 | *雑貨・インテリア
春色 のすたるじあ
  
  初めてファイヤーキングを手にしたのは昨年の5月でした☆
  それまでインテリア雑誌などで目にしていたのですが
  見るのと触れるのは大違い。
  お友達の家で、マスカット色のジェーンレイを一目見て
  恋に落ちてしまったのでした。
  (余談ですが、主人との出会いも、一目見て・・・でした@@)
  そんな訳でファイヤーキングに出会って一周年を迎えました♪

b0041487_13422729.jpg

  何度か登場しましたが
  ファイヤーキングのアリスです。
  日差しが透ける柔らかな緑と小花模様の縁取りは
  爽やかな五月そのもの。

  アリスは1945年から1949年の間に生産されました。
  50年以上経った今でも瑞々しい姿で残っているのは奇跡みたい!
  カップ&ソーサーは、傷のない状態で5客揃えることができたのですが
  お皿で残っているものは、あまり無いようで
  この一枚を手にして以来、出会っていません(T_T)

b0041487_13425796.jpg

  こちらは、フェデラル社のスナックセット。
  手前はシャレー(チャレット) 奥の柄はパティオと呼ばれています。
  
b0041487_13454979.jpg

  のどかな田舎の春を思わせる、ほのぼのとした可愛い柄

b0041487_13431478.jpg

  ほわほわな形も可愛い。

b0041487_1344681.jpg

  こちらは、レトロ感たっぷりの
  花柄ファイヤーキングのカップ&ソーサー

  コレクティブルに目覚めた時に
  ネットショップで「使用痕無し」と目にする度に
  「使ったか、使ってないか、どうして分かるんだろう???」
  と不思議に思ったものでしたが
  あちらは、ナイフとフォークの国。
  使用したらお皿に傷がつくんですね。
  
  私は、ネットのお店屋さんで購入するのですが
  最初の頃の失敗は、商品の注意書きに
  「ラベル付きmint」とか、「未使用品」としか表示していないお店。
  ミルクガラスの特徴として
  練りムラやホワイトスポットと呼ばれる白い点があったりするので
  ラベル付きでも、その辺をきちんとチェックしなくちゃね。
  お店によってお値段も結構違うのがコレクティブル品。
  あちこちのお店をのぞいている間に
  気持ち良くお買い物できるお店も見つかりました。
  そういうお店では、届くメールや同封されているメッセージから
  古い物達に愛情を持っているのが伝わってきて
  尚嬉しくなります。
  
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-02 19:33 | アンティーク・コレクティブル
桜の樹

b0041487_13273024.jpg



何を探しているのか
分からなくなる
欲しいものは
きっと、あの空の上
私はあなたに向けて
そっと手を延ばす。
届くことがない
春の迷宮






b0041487_13442062.jpg
 

   遠出できなかった今年の春でしたが
   お花見は(葉桜になりかけの頃)
   駐車場裏の遊歩道でできました。
   携帯のカメラで撮ったので、少しぼやけてます。
   すっごく季節外れのアップになってしまった(><)


   実家の父も、桜の季節は体調が良く
   母と二人で、少し離れた桜の名所に見に行ったようです。
   私の方が体調悪くて
   父に心配をかけてしまって・・・
   近くにいない分、親不孝をしています。
   羽があったら飛んで帰りたいぐらいなのに。
   お父さんが来年の春も桜を見ることができますように・・・

     
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-01 21:00 | *monologue
完成!ドイリー


b0041487_20115155.jpg

               
 聖光院有彩著「タティングレース」より ドイリー「華麗」
 中のドイリーを編み終えました。直径27cm。
 
 全くの初心者で
 習うより慣れろだぁ~~と、いきなり大作に挑戦したのですが
 細かいものをチマチマ編むより勉強になったと思います。

 編んだ端からアンティークレースのようで
 編みながらうっとりでした。
 最初の頃は、よく間違えて、編んだらプッチンとハサミで切って
 やり直していましたが (ほどくより、一からやり直す方が早かったので)
 編み進めるうちに、コツもつかめてきました。

 しつけ糸のような細さの60番レース糸で編んだので
 編みあがったものは、とても華奢。
 次に編むときは、50番糸で、もうすこし線の太いものにしたいな。

 タティングレースは、チェイン(鎖)とリング(円)の組み合わせで作られます。
 装飾的な突起の部分はピコと言って
 前の段と次の段、隣り合わせたリングをつないでいくのもピコの役割。

 規則的に単純に、でも見た目は複雑に
 重なり合って繫がっていくリングとチェインを結んでいると
 連続する模様の中に宗教的なものを感じます。


 まだまだの腕前ですが、編み目拡大
 最初の頃(中央)に比べると、最後の方(外側)の方が綺麗???
 ひらひらした、小さなリボンみたいに見える部分は
 特に難しかったところ。綺麗にできずに、何度もハサミでプッツンしました。
 
b0041487_20121251.jpg

[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-01 20:52 | *ビーズ・手芸