タグ:本 ( 15 ) タグの人気記事
毛塚千代さんのほのぼのカントリー日和

b0041487_21304171.jpg


  相変わらず実家にいます。
  お友達ブログへも、なかなか訪問できずにごめんなさい。
  
  さて・・・

  実家へ帰る時は、いつも、お気に入りの本を持って帰ります。
  今回は、こちら

  毛塚千代さんのほのぼのカントリー日和

  なんと、DVDまでついているんですよ~☆

  毛塚さんのDIYやインテリア、アンティークのディスプレイ
  簡単で、でも本格的~な美味しさのドレッシングの作り方
  とっても参考になります。

  毛塚さんの本は初めて購入したのですが
  DVDの中の毛塚さんを見て、大ファンになりました。
  自然で"ゆるり"とされていて
  笑顔も話し方もとてもチャーミングなんです。


  この本を購入して以来
  毛塚さんの暮らしぶりが収まっているDVDを
  何度も繰り返し見ています。
  何度見ても飽きないどころか、一日のスタートにこれを見ると
  爽やかで、今日も頑張ろう!!って気になります~♪

  同じ本、あと1,2冊、予備に買っておこうかな~と思っています☆
  この本が余りにも素敵だったので
  迷うことなく毛塚さんが以前出された本

  毛塚千代さんの団地で見つけた小さな幸せ

  も買っちゃいました。
  買って良かった~☆
  DVDの中で気になっていた、お裁縫道具用のワゴンの作り方が
  板の寸法に至るまで丁寧に書かれているんですもん。

  どちらの本も毎日の生活を見直し、丁寧に暮らすことの素晴らしさを知る
  良いきっかけになりました^^


  この秋の初収穫~実家編

b0041487_214436.jpg


  カメラを持って帰っていなくて、携帯電話のカメラで写した写真です~(TT)色が変?!
  トマトじゃなくて、柿です~

  実家の庭では、柿が熟しだして、三本の木が実もたわわに生っています。
  残念ながら渋柿なのですが、母の手にかかると五日ほどで甘~くなります。
  どうやるかって?!
  柿の「ヘタ」の部分に「焼酎」を擦り込んで、ビニール袋に入れて
  暖かい場所で5日ほど、甘~い柿の出来上がり。不思議です。
  他には、蜜柑と金柑の木が一本ずつ、青い実をつけていて
  夏、西瓜を植えていた後に、今は、冬に収穫する大根が3列に並んでいます。
  収穫がとっても楽しみです。元気に美味しく育つといいな~


  にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ  ←いつもありがとうございます♪
            同じモノが好きな、たくさんの方と出会えたらいいなと考えて
            ブログ村、アンティーク雑貨ランキングに参加しました。
            応援して下さると嬉しいです^^



  
[PR]
by xx--sakura--xx | 2008-10-05 23:04 | *本
最近買った雑誌 ~ ホーム スウィート クラフト & LOVEカメラ
 
b0041487_9403295.jpg


  *ホーム スウィート クラフト vol.4

  手作り系の雑誌って、編み物の本をたまに買うぐらいなのだけど
  ブロ友さんでドイツにお住まい、愉快な語り口とテンポがとても楽しい
  そしてアンティークや、ヨーロッパのちょっと笑える旅行記&生活記事満載の
  う~のすけちゃん (*ドイツおもしろ生活*)
  蚤の市レポートが掲載されていると伺って、早速買ってきました♪

  知ってる人が、こんな全国版の雑誌に出るって、こちらまでワクワク☆

b0041487_9405029.jpg


  こちらが、う~のすけちゃんの記事☆
  丸まる1ページ堪能できます♪
  真ん中の女性がう~のすけちゃん?!(ドキドキ)
  う~のすけちゃんって外国人みたい☆と思いきや
  よく見ると(いえ、良く見なくても)お店の方でした。

  交渉は
  「できるだけその国の言葉で」
  うまくいかなくても
  「私の下手なドイツ語に付きあってくれてありがとう」と
  感謝の言葉を忘れない

  これから、どこかの国で、蚤の市に行くことがあったら
  私もそう出来たらなと思いました。(←外国語できないことは忘れてる)

  う~のすけちゃんのご縁で、購入したホーム・スウィート・クラフトですが
  パラパラとページを開けば、写真がとても綺麗で雑貨の写真集みたい。
  お洋服、バッグ、ネックレス、編み物、縫ぐるみと
  全ての手芸を網羅して、しかも、型紙までついていて
  手作りダメダメな私でも、眺めているだけで
  ほっこり癒される雑誌です。
  

  お次は
b0041487_9421159.jpg

  LOVEカメラ

  写真の雑誌なのだけど、難しいことはあまり書かれていなくって
  「雰囲気を楽しみながら撮りましょう~」
  みたいなユルさが心地よいんです。
  写真誌というより、インテリア&雑貨の本みたいに眺めて楽しんでいます。

  以上、おススメの本でした。


にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ  ←いつもありがとうございます♪
            同じモノが好きな、たくさんの方と出会えたらいいなと考えて
            ブログ村、アンティーク雑貨ランキングに参加しました。
            応援して下さると嬉しいです^^

[PR]
by xx--sakura--xx | 2008-08-21 11:22 | *本
カメラの疑問

b0041487_1065398.jpg


  金曜日の夕方
  早めに帰宅できた主人と息子とお散歩&お食事がてらマリノアシティへ。
  
  Octa Hotel
  こんな素敵な布地を見つけました。

  昔色って言葉がピッタリの薄いグレイの厚手の生地に
  クロスステッチ風のアルファベットがプリントされています。
  何十年も経ってるみたいな、燻したような青と赤、
  同じ柄で青一色の二枚の布地を買いました。
  何を作ろうかな?100×110cm、結構たっぷり。
  お裁縫は苦手だけど、直線縫いならできるけど。

  でも、こんな素敵な布地を持っていることだけで嬉しい^^


  そして本屋さんへ

  
b0041487_1072011.jpg


  「女子カメラ」 9月号


  ブロ友さんのやさしい時間 のmeibasuちゃんが 載っているって伺ったので買いました。

  meibasuちゃんは、センスが良くて、ブログの写真も、いつも、ほんわかキレイ☆
  今までも「私のカントリー」やお料理の本にも出ていらっしゃるけれど
  「女子カメラ」には、お顔も。
  理知的なお顔の美人さん。
  専門的なお仕事をしながら、子育て、お料理、お家のこともしっかりしてて
  そんな"できる"オーラをお持ちの方でした☆

  本屋さんには、カメラ関係の本がたくさん並んでいるんですね。
  この「女子カメラ」をパラパラと読んだだけでも
  勉強になることがいっぱい!!

  カメラに色々な種類があるのは、さすがに知っていますが
  レンズにも色々種類があるのですね。
  私、何も考えずに、カメラを使っていたので・・・
  今、使っているレンズもカメラも、自分で買ったのではなくて
  主人が「仕事用に買ったけど、使えなかった」と
  1、2回使った後、箱に入れたままだったのをくれたもの。

  なので、何のレンズなのか、よく分からないままに使っています。
  CLOSE-UP LENS と書かれているのですが・・・
  単焦点レンズとは違うの?
  初歩的なことですが全く分かりません(><)

  私のカメラ   Canon PowerShot G2 で 
  
  元々本体についているレンズの他に

  Canon CLOSE-UP LENS 250D

  を持っているのですけど
  他に何を揃えると良いのでしょう??

  カメラに詳しい方がいらしたら、どなたか教えて下さい(><)


にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ  ←ブログ村、ブログランキングに参加しました。
            応援して下さると、とても嬉しいです^^

[PR]
by xx--sakura--xx | 2008-07-28 11:03 | *雑貨・インテリア
girlyな麦茶ポット

b0041487_1101858.jpg


  お気に入りの本
  曲田有子さんの「girly style book コーディネート・レッスン」

  ガーリーほど甘くなくって
  むしろ、シンプル&ナチュラル、ちょっと渋め、大人girly*
  素朴な写真と
  主張しすぎない語り口に癒されます。

b0041487_1103496.jpg


  パラパラと無造作に開いても、いつも最初はこのページ。
  
  ブレスガラスとステンレスのシンプルさと
  ベークライトかな?プラスチックかな?
  温かで柔らかみのある持ち手がいい感じ。

  
  sakura的この夏のgirly style は

b0041487_1105121.jpg

  赤いプラスチックのフタの

b0041487_111835.jpg

  レトロな雰囲気を身にまとったガラスのポット

  生まれた時からビンテージみたい。


 **************************************

    「girly style book 」


  好きなページは(どれも素敵なんだけど)
  18ページ、22ページ、55ページ、57ページ
  ご覧になった方がいらしたら
  お好きなページ、教えて下さいね☆
[PR]
by xx--sakura--xx | 2008-07-23 11:27 | *雑貨・インテリア
レースの時

b0041487_1022161.jpg


  アンティークやビンテージのレース、ファブリックを入れている宝箱
  眺めていると幸せだし、手にとる時はもっと幸せ。
  遠くにいて心が疲れた時
  家で私の帰りを待っているこの箱を思うと癒されます。


b0041487_10224118.jpg


  レースの本を眺めていると、優しい気持ちになるから不思議。


b0041487_10225852.jpg


  最近購入した
  王 由由さんの「しあわせのレース レースのある暮らし」

  美しいレースや雑貨のディスプレイが楽しめるだけでなく
  ビンテージのテーブルクロスやドイリー、ボーダーから起こした
  レース編みのパターンが載せられているので編むこともできます。

b0041487_10231743.jpg

  由由さんの本より
  レースパネル「ローズ・エンジェル」
  現在製作中です。
  これは、挑戦中と言った方がいいかもしれません。

  横61cm、縦は1m近くなるのでしょうか?
  167マス(335目) ×255段   
  
  細めのレース糸で編んでいきます。
  
  方眼編み、普通は4目一マスですが
  私はいつも、3目一マスで編みます。
  4目だと、横に間延びするので、3目がちょうどいいようです。
  

b0041487_1023346.jpg


  こちらが編み図。

  一日一段を目標に、完成は255日後?!
[PR]
by xx--sakura--xx | 2008-07-07 10:53 | アンティーク・コレクティブル
渡る世間はカントリ~

b0041487_11224434.jpg
 

  いつも発売の日を楽しみにしている『私のカントリー』ですが
  今回は特に、ブロ友さんの☆meibasuちゃん☆
  取材を受けられたことを聞いていたので
  ますます楽しみにしていました♪

  あんまり待ち遠しすぎて、5月に買いに行ったの。(だんな様に行ってもらったの)
  間違えて『素敵なカントリー』買ってきた・・・調べたら6月でした(><)
 
  九州は、関西より発売日が送れるらしくて
  次の日も、その次の日も本屋さんには並んでなくて
  皆さんから遅れること4日、ついに手にしました☆

  ドキドキ、ワクワクしながら
  真っ先にmeibasuちゃんが載っているページを見つけました。
  ほっそりと凛とした雰囲気が漂う、meibasuちゃんの後姿☆
  本に向かって思わず「こっちを向いて!」ってお願いしちゃった。
  ブログで拝見して、素敵!と思っていた
  キッチンのシェルフのディスプレイや愛用の道具たち
  美味しそうに焼けて、可愛いお皿に載せたケーキ
  見開き2ページ、バッチリ写っていました☆

  
  ほとんど毎日のように、ブログに遊びに行かせて頂いている皆さんの
  書かれた記事やコメント、撮られた写真を拝見していると
  その方の趣味や物の考え方、生活や性格まで伝わってきて
  一度もお会いしたことがない方なのに、グッと身近に感じます。

  活き活きと毎日を楽しんでいらっしゃる方ばかりで
  私も、活力を頂いているし、刺激を受けています。
  お料理から生活全般、物の考え方などまで
  ブログの中で色々なことを教えて頂いて
  私の生活、我が家の食生活も広がりグンと向上しました☆


  さてさて、

  私が、meibasuちゃんのページを読みふけっていると
  構ってもらえなくて寂しかったのか(?)
  横から長女が、しきりに話しかけてきます。


  「U子、ママが何読んどうか知っとう~

  わたカン やろ わ・た・カ・ン 


  略して・・・(* ̄ー ̄)ニヤリッ


  渡る世間はカントリー♪』


  ほのぼのとしていいねぇ♪♪」


  そんなことを嬉しそうに言う長女は、大学3年生です。。。(悩)

  しかも、略すの反対ですからっっ!!残念(><)!!(←古いかしら?)
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-06-22 11:28 | *本
古いアメリカのお料理本

b0041487_16564236.jpg


  Copy right 1953 のパイレックスのレシピ本に巡り会うことができました。
  Corning Glass Works という社名と、住所が記載されています。

  きっと、長い時間、どこかの倉庫で眠っていたのでしょう。
  古本独特のにおいを除けば、無傷で染みもなく
  食器で言う、ツヤピカmintな状態。
  よくぞ、ここまで生きていてくれました!っていう感じです。

  レシピの話題はおいといて

b0041487_165779.jpg


  昔のアメリカのキッチン!!
  スタジオなのかもしれないけれど、レトロでモダン☆
  ズラッと並んだ、フレームウェアも、この頃は新品だったのですね。
  壮観です☆

b0041487_16573163.jpg


  マクベスエバンス社のペタルウェアも使われています。
  レシピ本で使われているって、ポピュラーだったのでしょうね。


b0041487_1657487.jpg


  こちらは、私が学生時代、ワシントン州にあるスポケーンという町の
  今はもう、廃校になったらしいけれど、Fort Wright Collegeという学校に
  語学研修に行った時に、お世話になったホストファミリーの
  お母さんから頂いたお料理本です。
  福岡にお嫁に来る時も、3度の引越しの時も失くさずに持っていた本です。
  かなりヨレヨレになってます(><)

  ふと見るとCopy right 1962
  うちのダンナ様が生まれた年!!

b0041487_1658268.jpg


  この本でも、パイレックスのフレームウェアが使われていました。

  アメリカのお料理本を見ていて感じたのは
  小麦粉もお砂糖も、量の単位はCupなんです。
  キッチリ計らないのでしょうか?と思いますが
  それを見習って(?)私もお菓子を作る時
  なかなかアバウトな作り方をしています(爆)
  
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-06-12 17:17 | アンティーク・コレクティブル
心の故郷
b0041487_10342347.jpg


  子供の頃から何度も何度も読み返している本
  何度読んでも飽きない本ってありますか?

  私は、これ、「赤毛のアン」
  それから、「大草原の小さな家」シリーズ。

  今みたいに便利じゃなかった時代
  便利な機械もなく、家のことを自分の手でやっていた時代
  一家の主婦の忙しさは計り知れないものだったはずなのに
  二つのシリーズからは、ゆったりと、大らかな時間が流れてきます。
  ささやかなことに大きな喜びを感じ、感謝の心を忘れず
  家の中に暮らし、日々の糧に恵まれ、健康であることが
  とても幸せなことだと思い出させてくれます。
  家族が信頼と尊敬で結ばれているところも、こうありたいなと思います。
  
  「赤毛のアン」は、村岡花子さん訳が親しみ深くて、テンポも良くて
  彼女の訳ばかり読んでいたのですが
  可愛い装丁の本を見つけたので、買ってきました^^

  「大草原の小さな家」は、中村凪子さん、こだまともこ・渡辺南都子さんの訳が
  イメージにぴったりで好きです。

b0041487_10344529.jpg


  先週の週末、久しぶりに「大草原」のビデオを見ていたら
  馬車で川や草原を移動し、食べるものは狩をし
  住む家や家具を自分で作るアウトドアな生活に
  初めてみる長男と主人は感動していました。

  もうじき、待ちに待ったDVDが発売されるんです☆
  1stシーズンは、以前にビデオになっていましたけれど
  2ndシーズンは、これが初めてかも!早速予約しました^^
  私以外にも、ファンの方、多いんですね。
  楽天ブックスで、見つけた時に、まだ45個残っていた1stシーズンが
  ほんの何日かのうちに完売していました。
  同じ物語に感銘を受けている人がこんなにいるって嬉しいな。

b0041487_1035368.jpg
b0041487_10352266.jpg


  エレガントで落ち着いた装丁と細部までいきいきと温かい挿絵が美しい、この本は
  全文英語だけど、日本で出版されたものです。
  CDもついているので、持っているだけで満足せずに
  活用せねばと思いながら、やっぱり持っているだけで満足しています(><)
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-06-05 11:12 | *本
博士の愛した数式

b0041487_10355035.jpg


   √-1   (虚数 i )

  「そんな数は無いんじゃないでしょうか?」

  「いいや、ここにあるよ」
  
   彼は自分の胸を指差した

  「とても思慮深い数字だからね、
   目につく所には姿を現さないけれど
   ちゃんと我々の心の中にあって
   その小さな両手で世界を支えているのだ」
                            
                文中より


  一つぶの砂に 一つの世界を見
  一輪の野の花に 一つの天国を見
  てのひらに無限を乗せ
  一時のうちに永遠を感じる

                劇中より 
                ウィリアム・ブレイクの言葉


  まだ本は読んでいないのですが
  (写真の本がボロボロなのは、子供たちが何度も読んだからです)
  先週、この本を映画化したものが
  テレビで放送されて、それを見ました。

  心に伝わるものが多い映画でした。
  中でも
  心の中にぶれることのない良い軸があれば
  周囲の人に安心や信頼を与え
  潔く生きることができるのだと
  感じました。

  何もかも十分に素晴らしい映画だと思いましたが
  原作には、映画には納まらなかった部分まで
  細かく描写されていると次女ちゃんが是非にと薦めるので
  私も、原作を読むことにします^^

  (追記) 
  
  映画では
  「虚数」の「虚」は「謙虚」の「虚」と同じ字だと教えていました。
  虚数を示す記号 i は、imagination numberの略だそうです。
   i の文字は(筆記体で書くと)人が両手で下から地球を支えているんです
  虚数とは、そのような数だと、教えていました。
    
  他にも、友愛数について語られていました。
  数学は、実はロマンティックな学問のようです。
  
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-05-22 11:29 | *映画・ドラマ
リラックマ生活

b0041487_2152027.jpg


  いつもキッチリしていないと気がすまないダンナ様と
  受験まで1年切ってしまったと気持ちだけ焦ってる
  次女ちゃんのために買ってきました。

b0041487_2152173.jpg


  まったく、それでいいの?って感じですが
  読むだけでとってもほのぼの♡

  ここだけの話ですが
  うちの次女ちゃんって
  リラックマに良く似てるんです。
  「リラックマが好きなら、ぬいぐるみを買ったら?」って言われたけれど
  「我が家には、等身大のリラックマがいるからイラナイ」って言ったら
  妙に納得していました。
  (さらに、見ようによっては、novaうさぎにも似ています)
 
[PR]
by xx--sakura--xx | 2007-03-05 22:09 | *本